So-net無料ブログ作成
検索選択

しまなみ海道サイクリング [しまなみ海道]

とりあえず、今月上旬に行ってきた、しまなみ海道の話。

去年、彦根旅行した友達と。
3/10に映画「英国王のスピーチ」を観に行った帰りに、そういう話になったような気がする。
あ、映画感想もサボってた

友達「ねぇ、しまなみ海道をチャリで走ってみん?」
私 「おっ、いいね~[るんるん]やってみたいと思ってたんよ。いつ行く?」
友達「やっぱり、(めあり)さんなら同意してくれると思ったんよ。今日、会社の友達に話したら『バカじゃないんw』って言われた[たらーっ(汗)]
私 「チャリで走りまわらない人からしたら、そう思われるのかもね(笑)」

2011.4/9~10で計画。
         
当初は向島→今治まで頑張って走破するか[exclamation&question]と話していたが、
総距離と起伏と、歳も考えて(クス)とりあえず向島→大三島までを春の部として、
残りを秋の部として走ろうという話になった。
結果としては、復路で[携帯電話]アプリ計測でのチャリ走行距離は39㌔。
来島がどうやら難関でもある模様だし、そうしてよかったと思う。


今はしまなみサイクリング・マップも参照しながら入力している。

しまなみサイクリングクーポン(¥250)を入手したかったので、山陽道を尾道で一旦降りて港湾へ向かう。
その後、尾道大橋を渡って(¥180)向島へ。
尾道市民センターむかいしまでレンタサイクルして、
レンタサイクルしたチャリ.jpg
Let's Go[exclamation]

やっぱりね、橋に至るまでの坂がキツかった[ふらふら]

丘というか、小山をぐるぐる登っていかねばならない[あせあせ(飛び散る汗)]
因島大橋、歩行者・自転車路.jpg因島大橋.jpg
最初の橋。自転車は¥50。クーポン券から1枚を料金箱に投入。

渡り切ったとこで、大浜PAに立ち寄ってみることに。
初めはスルーしてたけど、やっぱり旅の思い出に
しおなみソフト.jpg
鮮やかであり、さわやかなブルー[ぴかぴか(新しい)]

旅先ではソフトクリームを(^_-)-☆
塩味は後からほんのり[ひらめき]

因島では消火栓.jpg
復路でフラワーセンターに寄ったり、往路で気になった因島アメニティ公園に立ち寄った。
因島アメニティー公園.jpg

次は生口橋。¥50
生口橋.jpg
ここから今回のチャレンジ最後の橋になる多々羅大橋までが長かった[あせあせ(飛び散る汗)]

生口島にて、日時計.jpg
日時計から30分程度走った瀬戸田町で、コロッケ。
コロッケなう。.jpg
ホクホクでおいしい。

復路で、瀬戸田町のサンセットビーチに立ち寄った。
サンセットビーチ.jpg

そして多々羅大橋.jpg
多々羅大橋、¥100。
復路で「鳴龍」は堪能。( ゚∀ノノ"☆パーン パーン

今回の目的地、大三島到着。
橋を渡って、坂を下っていると
わぁ[ぴかぴか(新しい)](*゚∀゚)(*゚∀゚)
大三島の桜.jpg
素晴らしい桜と出会った。
私たちが立ち止まって撮っている最中も、同じくサイクリングで通り過ぎる人も
(*゚∀゚)ワァ~[ぴかぴか(新しい)]

これは、(*゚∀゚)ワァ~ってなるよね。

坂を下ったとこに道の駅「多々羅しまなみ公園」があり、チェックインにも時間的余裕があったので立ち寄る。
多々羅大橋を望む.jpg
撮影ポイントは最高です。

多々羅大橋マンホ.jpg
こんなのもあった。


この時点で15:30、チェックインは16:00。
大山祇神社にも行ってみようということで、荷物を預かってもらえないかと思い民宿へ。



行ってみたら、部屋は出来てるので一旦上がってもよいとのこと。

民宿珈里葡さんに宿泊。
予想してたけど、壁というか防音は期待してはいけない。
でも、居心地いい。そして食事も[わーい(嬉しい顔)]

大山祇神社までは・・・木村峠という結構な上り坂を越えた場所にあって、行きは30分。帰りは25分。
大山祇神社鳥居.jpg


往路日は45㌔は走ったと思う。
クタクタでした

そして、http://blog.so-net.ne.jp/ma-mypage2010/2011-04-22-1/trackback 食事編へ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。